タイトル

[津田沼地区担当者独り言日記1]
青-点線
津田沼セクキャバ日記画像2

津田沼セクキャバの担当者日記の一覧
貧しい国では両親が将来の不安が原因で子供をたくさん生む。とうてい全員には十分な食事や教育を与えられないが、優れた子に集中させられる。出生率を下げるために一つとして女性の社会的地位の向上がある。家族計画を夫と対等に議論出来るようにするため。また、文化によっては性について触れることを良くないと見なすので、女性がアクセスし易く、夫に知られること無く否認出来る知識と道具が必要。  対策として、子供の死亡率を下げる、女子教育を充実させる(教養があると出産時期が遅れる)、合法的な中絶、女性の権利拡大、老後の保障、公的な指導(宗教や文化などの偏った考えではなく)、(特にアフリカでインドの緑の革命のときのように)農業の生産性をあげることで利益が多くなり、子供を長く学校に通わせるようになること(量より質)がある。  アフリカでは大家族で、子育ては母親の責任という文化がある。また、同じ宗教には倣うことが多い。例えば自分がムスリム(イスラム教徒)で、近所にイスラムとヒンドゥー教の人々がいると、イスラム教野の人々が蚊帳を使いだせばまねするがヒンドゥー教の人々がそうしてもまねしない傾向が強い。
青-点線
店名:
セクキャバ
住所:〒275-0016
千葉県津田沼
TEL:
時給:円以上
詳細:
▲ページ上部へ
青-点線

津田沼のセクキャバ情報に関して
日記一覧へ
青-点線
津田沼セクキャバ求人.comは、津田沼のセクキャバ求人、アルバイト情報が業界トップクラスです!

▲ページ上部へ
青-点線
(c)津田沼セクキャバ